Dental caries
むし歯
 

むし歯は、プラーク(歯垢)中の細菌が発生する酸によって、

歯が溶かされて起こります。
プラークは、細菌を含んだ、柔らかくねばねばした膜です。

歯の表面に絶え間なくつくられます。

C1

エナメル質にのみとどまっているむし歯です。お痛みを伴わないことが多いです。大きさによって、治療を行うかどうかが判断されます。あまりにも小さなむし歯は、歯磨きを徹底し、しばらく様子を見ることもあります。

C2

象牙質にまで及んでいるむし歯です。冷たいものなどの刺激で、しみることが多いです。むし歯の部分を削り取り、プラスチックのような白い詰め物、または金属を詰める 治療を行います。

C3

神経(歯髄)にまで及んでいるむし歯です。冷たいもの、熱いものなどの刺激でお痛みがあります何もしなくても、ズキズキと強いお痛みがある場合もあります。神経の治療を行わないといけません。

C4

むし歯によって、歯が崩れてしまった状態です。神経は既に死んでしまっており、お痛みを伴わないことが多いです。歯の根っこの先に膿の袋ができてしまった場合、お痛みを伴うことがあります。状態によっては、歯を抜かなければならない場合もあります。

Periodontal disease
歯周病
 
歯肉炎

歯と歯茎の間などにプラ

ークがたまることによって、歯茎に炎症が起こっている状態。歯茎が腫れたり、赤くなったり、出血し易くなったりしま

す。

軽度歯周炎

炎症が歯槽骨に及び、歯槽骨が少し溶かされてしまった状態。骨が溶かされたことにより、歯と歯茎の間にポケット状の汚れのたまり場ができます。これを、『歯周ポケ

ット』と呼びます。歯周ポケット内に歯石がたまると、口臭を伴います。

中等度歯周炎

歯周ポケットに、歯石・プラークがたまることによって、 歯槽骨が更に

溶かされた状態。根の半分くらいまで骨が破壊されると、 歯がグラグラ

と揺れてきます。食べ物を噛んだ時にお痛みが出る場合もあります。

重度歯周炎

歯を支える歯槽骨が、ほとんど破壊された状態。歯が大きく揺れてしまうため、お食事が困難になります。自然に歯が抜けてしまう場合もあります。

Bruxism
歯ぎしり
 
ナイトガード

歯ぎしり、くいしばりは成人の80%~90%の人にみられると 言われています。

睡眠時の噛む力は、覚醒時の6倍以上にもなり、そのため、睡眠中の歯ぎしり、

くいしばりによって、歯はどんどん削れてしまいます。歯が削れてしまうと、

冷たいものがしみてしまったり、かみ合わせがわるくなってしまったりする恐れがあるのです。

 

歯ぎしり、くいしばりの原因として、ストレス・咬み合わせ・遺伝的要因などが

あげられますが、現代のストレス社会において、生活の中からストレスを完全に排除するのは

不可能ではないでしょうか?

 

そこで、ご自分の歯を守るために、ナイトガードを装着しておやすみいただくことを

お勧めします。ナイトガードを装着することによって、

今以上に歯が削れてなくなってしまうのを防ぐことができます。